さてさて。

そんなわけで、チラ裏からぺたぺたと。

Google Sitesがwikiベースなのがちょっと気になる。

ノートとは違うのかね。

広告

リモートリポジトリのsync

svnadmin create /var/svn/testrails
cat <<‘EOF’ > /var/svn/testrails/hooks/pre-revprop-change
#!/bin/sh
exit 0
EOF

chmod +x /var/svn/testrails/hooks/pre-revprop-change
svnsync init file:///var/svn/testrails svn+ssh://admin@code.twintail.tv/home/svn/testrails
svnsync sync file:///var/svn/testrails

sshを使っているので毎回パスワード聞かれる。鍵を作ってしまうか、httpで公開REPOにするかの判断。

retorspectivaにsvnsyncさせるには鍵認証にしてsyncコマンド送らせるか、設定のオプションにパスワード直書きするか。

迷う。

retrospectiva / subversionメモ

ruby-enterpriseで使えるように。

./configure RUBY=/usr/local/bin/ruby –enable-experimental-libtool –enable-shared –disable-static –with-apr=/usr/bin/apr-1-config –with-apr-util=/usr/bin/apu-1-config –with-apxs=/usr/sbin/apxs –with-openssl –enable-ssl –with-ssl
make
make install
make swig-rb
make install-swig-rb