Apache2.2+Tomcat5.5 インストールメモ

とりあえず以下のような感じでインストール&設定してみました。

http://www.apache.org/
http://tomcat.apache.org/
http://java.sun.com/javase/downloads/

Apache2.2のインストール

tar zxvf httpd-2.2.2.tar.gz
cd httpd-2.2.2
./configure –prefix=/usr/local/apache2 –enable-mods-shared=all –enable-proxy=shared –enable-proxy-ajp=shared –enable-dav=shared –enable-dav-fs=shared –enable-rewrite=shared –enable-so
make
make install

JDKのインストール

./jdk-1_5_0_97-linux-i586.bin
export JAVA_HOME=/path/to/jdk
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin

Tomcat5.5のインストール

tar zxvf apache-tomcat-5.5.17.tar.gz
tar zxvf apache-tomcat-5.5.17-admin.tar.gz
ln -s /path/to/apache-tomcat-5.5.17 tomcat
export CATALINA_HOME=/path/to/tomcat
export TOMCAT_HOME=/path/to/tomcat

httpd.confの編集
confファイルの構成が変わっているようです。

conf/httpd.conf
conf/extra/httpd-*.conf

アクティブにするファイルのコメントを外して、Tomcat用の設定ファイルを作成します。

vi conf/extra/httpd-tomcat.conf
LoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so
<ocation /jsp-examples/>
ProxyPass ajp://localhost:8009/jsp-examples/
</Location>
vi conf/httpd.conf
Include conf/extra/httpd-tomcat.conf

次回以降、mod_proxy_balancerでバランサーの設定もしてみたいと思います。

[プロジェクト管理] Tracインストールメモ

sourceforge.netなどのようにソースファイルとプロジェクトを管理出来るツール。
http://sourceforge.net/
バグ管理・進捗管理・ソースファイル管理・情報共有(wiki)ができる。
GForgeという派生ツールのようなものもあるが、余力があれば次回インストールのメモをとりたいと思ってます。
http://gforge.org/

http://discypus.jp/wiki/?%A5%BD%A5%D5%A5%C8/Bug%20Tracking/trac
上記の情報を頼りにすすめました。

本家 Edgewall Software
http://trac.edgewall.org/
日本語 インタアクト株式会社
http://www.i-act.co.jp/project/products/products.html
どちらにもデモがあるので導入に必要な要件があるか確認出来ます。

Python
Subversion
SQLite
pysqlite
ClearSilver

Pythonのバージョンが2.3以上推奨なので、Pythonのインストールから。
システム標準のPythonは何かとアップデートに問題があるので、prefixをつけてインストール。
http://www.python.jp/Zope/

./configure –prefix=[python-path]
make
make install

Subversionのインストール
前回インストールしたので割愛
http://blog.twintail.tv/2005/09/26/48/

SQLiteのインストール
http://www.sqlite.org/

./configure –prefix=[sqlite-path]
make
make install

pysqliteのインストール
http://initd.org/tracker/pysqlite/wiki

[python-path]/bin/python setup.py build
[python-path]/bin/python setup.py install

ClearSilverのインストール
http://www.clearsilver.net/downloads/

./configure –disable-perl

それぞれインストールしたディレクトリのパスを通しておく。

Tracをソースファイルからインストール
Debianだとapt-getでインストールできるようだが、今回はRedHatなのでソースからです。

ここからは同封されているINSTALLをみれば大体の流れがわかると思います。

ファイル展開

unzip trac-x.x.x.zip
cd trac-x.x.x

インストール

[python-path]/bin/python setup.py install

Tracを使うためのディレクトリの設定

mkdir [path]/sample
cd [path]/sample
[python-path]/bin/python [trac-path]/trac-admin sample initenv

Project name [My Project]> [Enter]
Database connection string [sqlite:db/trac.db]> [Enter]
Path to repository [/var/svn/test]> [svn-repository-path]
Templates directory [[python-path]/share/trac/template]> [Enter]

スタンドアローンで動かす場合

[trac-path]/tracd –port 8080 [path]/sample

http://xxxxxx:8080/sample

CGIとして動かす場合
apacheのhttpd.confを設定

ScriptAlias /trac/sample /usr/share/trac/cgi-bin/trac.cgi
<Location “/trac/sample”>
SetEnv TRAC_ENV “[path]/sample”
</Location>

http://xxxxxx/trac/sample

apache,mod_python経由で動かすのが一番パフォーマンスがよいらしいけど、うまいこと動かなかったのでCGIとして稼働させました。

こんな感じで出来た。
つーかTracインストールするための準備の方が面倒。
あまり古いOSではやらない方がいいかも。