ttcp & nttcp

スループットの調査にはFTPのデータ転送レートで計測するのが一般的だが、ファイルの入出力によりディスクI/O等の影響が大きいため、単純なデータ送受信で測定する。割と精密らしい。
実際にはそれほど大差はなかった。(速度調査サイトなどで事足りる)

—–
EXTENDED BODY:
wget http://www.leo.org/~elmar/nttcp/nttcp-1.47.tar.gz
vi Makefile

FreeBSD用の設定をコメントアウト
# For FreeBSD
ARCH= -DFreeBSD
LIB=
OPT= -O2
CC= cc
DBG=
INC=

# For FreeBSD
#ARCH= -DFreeBSD
#LIB=
#OPT= -O2
#CC= cc
#DBG=
#INC=

Linux用の設定
## For Linux with gcc
ARCH=
LIB=
OPT= -O2
CC= gcc
DBG=
INC=

#prefix= /usr/local/dist/DIR/nttcp-$(VERSION)
prefix= /usr/local
#prefix= /usr/local/opt/nttcp-$(VERSION)

make
make install

ヘルプコマンド
nttcp -?

簡易チェック
リモートサーバーAにサービスを起動させる
nttcp -i

ローカルサーバーBからコマンドを打つ
nttcp -T -c -r リモートホスト名

オプションの詳細は
nttcp -?
で確認できる

広告

SNMP

MRTGにて必要なので、細かい設定等は割愛

wget http://optusnet.dl.sourceforge.net/sourceforge/net-snmp/net-snmp-5.1.2.tar.gz
tar net-snmp-5.1.2.tar.gz
cd net-snmp-5.1.2
./configure
make
make install

cp /usr/local/src/net-snmp-5.1.2/EXAMPLE.conf /usr/local/share/snmp/snmpd.conf

ファイルを編集する
自動起動ファイルを編集
スクリプトはどこかに落ちていたものを使用

chkconfig --level 3 snmpd on
/etc/rc.d/init.d/snmpd start

ps aux | grep snmpd
で確認しておく。

analog

rpmからインストール
wget http://download.trilithium.net/analog/analog-5.32/analog-5.32-1.i386.rpm
rpm -ivh analog-5.32-1.i386.rpm

tar.gzからインストール
wget http://www.analog.cx/analog-5.32.tar.gz
tar zxvf analog-5.32.tar.gz
cd analog-5.32.tar.gz
make

mkdir /usr/local/analog
cp -R analog analog.cfg analgform.pl lang/jpeform.html ./lang ./images /usr/local/analog/

##以下設定##
vi anlgform.pl
$analog = '/usr/local/analog';

設定ファイルに以下を追加した
vi analog.cfg
LOGFILE /usr/local/apache/logs/access_log
## LOGFILE /old/logs/access_log.*
OUTFILE index.html
HOSTNAME "[blog.charmface.net]"
LANGUAGE JAPANESE
LANGFILE lang/jpe.lng
DESCFILE lang/jpedesc.txt
DOMAINSFILE lang/jpedom.tab

### DNS ###
DNS WRITE
DNSFILE dns.txt
DNSGOODHOURS 168

### 解析除外ホスト ###
HOSTEXCLUDE localhost
HOSTEXCLUDE 192.168.0.*

### レポートを取るものを個別設定
### とらない場合は OFF
### ほかにもたくさんある
YEARLY ON
MONTHLY ON #月別
WEEKLY ON #週別
DAILYREP ON #日別
DAILYSUM ON #曜日別
HOURELYREP ON #時間別
HOURELYSUM ON #時間別集計
WEEKHOUR ON #曜日別時間
SEARCHQUERY ON #検索語句
SEARCHWORD ON #検索語
INTSEARCHQUERY ON #内部検索語句
INTSEARCHWORD ON #内部検索単語
HOST ON #ホスト
REFERRER ON #リファラ
REDIRREF ON #リダイレクトされたリンク元
FULLBROWSER ON #ブラウザ
OSREP ON #OS

cron設定
crontab -e
0 * * * * /usr/local/analog/analog

ログ解析開始
/usr/local/analog/analog

コピーするファイルは環境に合わせておかないとブラウザから見ることができないです。
vi httpd.conf
Alias /logs/usage/analog /usr/local/analog

Webalizer

GDが必要。
wget ftp://ftp.mrunix.net/pub/webalizer/webalizer-2.01-10-src.tgz
cd webalizer-2.01-10
./configure --with-language=japanese
make
make install

/etc/webalizer.conf に、apacheログファイルのパスと保存先ディレクトリを指定する。

実行
/usr/local/bin/webalizer

ブラウザで確認。

1時間に一回実行させる。
crontab -e
0 * * * * /usr/local/bin/webalizer

MRTG

GD,libpngなどが必要になるが、今回はすでに導入済みなので別途参照。
snmpを前もってインストール、実行しておく。
tar zxvf mrtg-2.10.15.tar.gz
cd mrtg-2.10.15
./configure
make
make install

cd /usr/local/mrtg-2
mkdir data
./bin/cfgmaker (コミュニティ)@(アドレス) > ./data/mrtg.cfg

ファイルが保存されるディレクトリを指定
vi mrtg.cfg
WorkDir: /usr/local/mrtg-2/data

webで参照できるように設定
vi httpd.conf
Alias /usage/mrtg "/usr/local/mrtg-2/data"

mrtgの実行
/usr/local/mrtg-2/bin/mrtg /usr/local/mrtg-2/data/mrtg.cfg

data内にファイルができる。
crontabなどで定期的に実行させておく。

mrtg.cfgの設定しだいでは、メモリやCPU等のデータも解析できる。
設定についてはのちほど。