irc, ircd-hybridでパスワード認証とSSL接続

ものすごく思いつきでやりました。
パスワード認証のSSL利用で立ち上げたいと思います。

yum install ircd-hybrid

## 変更箇所だけ
cp /usr/share/doc/ircd-hybrid-7.2.3/simple.conf /etc/ircd/ircd.conf

vi /etc/ircd/ircd.conf
serverinfo {
name = "irc.runeleaf.net";
# [0-9][A-Z0-9][A-Z0-9]
sid = "101";
description = "IRC Server";
rsa_private_key_file = "/etc/secure/ircd/rsa.key";
ssl_certificate_file = "/etc/secure/ircd/cert.pem";
}

administrator {
name = "runeleaf";
email = "メールアドレス";
}

auth {
/*
* /usr/libexec/ircd/mkpasswd -m
* plaintext:
*/
password = "上記で生成された文字列";
encrypted = yes;
}

operator {
name = "runeleaf";
user = "*@runeleaf.net";
password = "パスワード";
encrypted = yes;
}

listen {
flags = ssl;
port = 6667;
}

rsa.keyとかつくります。

mkdir -p /etc/secure/ircd
cd /etc/secure/ircd
openssl genrsa -out rsa.key 2048
openssl rsa -in rsa.key -pubout -out rsa.pub
chown ircd:ircd *
chmod 600 *
openssl req -new -days 365 -x509 -key rsa.key -out cert.pem

サービス起動

service ircd start

portを開けてサーバ側はおわり。
limechatからsslで接続確認してクライアント側はおわり。

ブログ書いたの久しぶりだなー

広告

IRC, irssiとtiarraとtig.rbとBitlbeeでもういいよね?

IRC, irssiとtiarraとtig.rbでtiwtterとか色々と

の続き。

irssiがなんだか起動しなくなっちゃったので、ついでにMSNメッセンジャーもirssiでやろう!という記録。
サーバのログもircにでるので、もうコンソールからirssiだけでひゃっほい!

osxなのでportからインストールします。

% sudo port search bitlbee
bitlbee @1.2.3 (irc, net)
    An IRC to other chat networks gateway
%
% sudo port install bitlbee
...

長い・・・

終わったら設定ファイルをコピーして編集。

% sudo cp /opt/local/etc/bitlbee/bitlbee.conf.sample /opt/local/etc/bitlbee/bitlbee.conf
% sudo vi /opt/local/etc/bitlbee/bitlbee.conf
RunMode = Daemon
DaemonInterface = 127.0.0.1
DaemonPort = 16667

勢い良く起動!

% bitlbee

tiarraに設定を追加します。

% vi tiarra.conf
name: bitlbee

bitlbee {
  host: 127.0.0.1
  port: 16667
  in-encoding: utf8
  out-encoding: utf8
}

tiarra起動。

irssi起動。

% irssi
[(status)] /connect TIA

bitlbeeのチャンネルに移動します。

パスワードは平文だけどローカルなのでとりあえず。

[&bitlbee@bitlbe] register パスワード

<@runeleaf> register パスワード
<@root> Account successfully created

アカウントを登録します。

[&bitlbee@bitlbe] account add msn ホットメール パスワード
<@runeleaf> account add msn ホットメール パスワード
<@root> Account successfully added

アカウントのリストをみるには

[&bitlbee@bitlbe] account list

<@runeleaf> account list
<@root>  0. msn, ホットメール
<@root> End of account list

設定を保存します。

[&bitlbee@bitlbe] save
<@runeleaf> save
<@root> Configuration saved

アカウントを有効にします。

[&bitlbee@bitlbe] account on 0

bitlbeeを再起動してirssiとかで繋ぎ直した場合には、

[&bitlbee@bitlbe] identify registerのパスワード

で保存した設定を呼び出せます。

メッセージおくるには、

[&bitlbee@bitlbe] dareka: こんにちわ

<@runeleaf> dareka: こんにちわ
-!- ServerMode/&bitlbee@bitlbee [+v dareka] by localhost
<+dareka> runeleaf: どうもどうも

どんな設定がされているか確認。

[&bitlbee@bitlbe] set

あとはヘルプで。

[&bitlbee@bitlbe] help

きになるのはGrowlに通知する方法。ぷらぎんつくれってこと?

IRC, irssiとtiarraとtig.rbでtiwtterとか色々と

サーバーに常駐させておきたいメモ。
CentOSだけど多分osxでもいけるはず。

twitter以外にもサーバーログを流したりしておきたいので準備。

gem install net-ircはやらない方向で。

# sudo yum install irssi
# svn co http://svn.coderepos.org/share/lang/ruby/net-irc/trunk net-irc
# svn co http://svn.coderepos.org/share/lang/perl/tiarra/trunk tiarra
# sudo gem install xmpp4r-simple

tiarraの設定ファイルを編集する。

# cd tiarra
# cp sample.conf tiarra.conf
# vi tiarra.conf
62,64c62,64
<   nick: tiarra
<   user: tiarra
   nick: ニックネーム
>   user: ユーザーネーム
>   name: 名前
92c92
   tiarra-password: tiarra_password
103,104c103,104
<   server-in-encoding: jis
   server-in-encoding: utf8
>   server-out-encoding: utf8
108,109c108,109
<   client-in-encoding: jis
   client-in-encoding: utf8
>   client-out-encoding: utf8
213,214c213,215
<   name: ircnet
   #name: ircnet
>   #name: 2ch
>   name: twitter
836a838,847
> twitter {
>   host: 127.0.0.1
>   port: 16668
>   name: twitter_account athack tid ratio=32:1 replies=6 maxlimit=70
>   password: twitter_password
>   in-encoding: utf8
>   out-encoding: utf8
> }
> 

irssiの初期設定をする。

# irssi
#> /set term_charset=UTF-8
#> /quit
# vi ~/.irssi/config
servers = (
  { address = "127.0.0.1"; chatnet = "TIA"; port = "6667"; password = "tiarraのパスワード"; }
);

chatnets = { TIA = { type = "IRC"; }; };

(中略)
settings = {
  core = {
    real_name = "なまえ";
    user_name = "なまえ";
    nick = "ニックネーム";
  };
  "fe-text" = { actlist_sort = "refnum"; };
  "fe-common/core" = { term_charset = "UTF-8"; autolog = "yes"; };
};

localhostじゃなくて127.0.0.1にしてます。

tig.rbを起動する。

# cd ../net-irc
# ruby examples/tig.rb -h 127.0.0.1 --debug

tiarraを起動する。

# cd ../tiarra
# ./tiarra --debug

irssiを起動する。

# irssi
#> /connect TIA

起動するときはscreenでやっておけば、どこからでもsshで接続してログをみることができます。

あとはサーバーログをながせるようにすればおk。

これはまたあとで。