RubyMotionのアレコレ

詰まりそうなところ。

・app.provisioning_profileの指定

XcodeのOrganizerでプロファイルなど作っているとどこにあるのか、また誰のデバイスを登録してあるのかわからなくなることがありますが、Provisioning Profilesの適当なプロファイルを右クリックして、Reveal Profile in Finderとかクリックすればファイルの場所がわかります。

ちなにみOrganizerで更新するとファイル名が変わったりすることがあり混乱。

・testflightappでテストアプリをインストール出来ない

デバイス登録ができてないはず。
testflightappからテスター登録した人のデバイスIDのメールが来たら、iOS Provisioning PortalのDevicesからAdd Devicesで追加し、それが反映したProvisioning Profileをapp.provisioning_profileで指定してあげればよい。
ワイルドカードだとうまくいかない?のかもしれないので、App IDsから新しいID作って、それからProvisioning Profileを作るといいかも。
Portal上でApp ID作ったらProvisioning ProfileはそのままPortalで作りダウンロードしてもいいし、XcodeのOrganizerで作ってもいい。

・Rakefileまわりのひな形

bundle install –path vendor/bundleした時にbundle exec rakeは面倒なのです。
なので自分テンプレ

これでbundle execしなくても、ちゃんとvendor/bundleを見てる。

・app.podsで指定したライブラリが読み込まない?

pod ‘NanoStore’とかで指定したのにNanoStoreクラスないよとかエラーがでたらrm -rf vendor/Podsしてrakeすればよい。

・AppStoreへのリリース時

rake archive:releaseでできた.ipaをアップするんだとおもうが、これOrganizerからできるのかな。
TODO: リリースしたら書く
続きを書いた。

あまりメモってなかったな。。

広告

RubyMotionのアレコレ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Rubymotionのアレコレ2 | RUNELEAF_LOG

コメントは受け付けていません。