node.js, nodebrew環境設定などなど

homebrewだとバージョン管理ができず、nvmはzshでおかしな挙動をし、naveはうまく動かず、nodeenvはがっつりすぎる、な状況のなか、nodebrewというものを設定してみました。

https://github.com/hokaccha/nodebrew

READMEにある通りにすすめてみます。
事前にhomebrewでインストールしていたnode.jsは削除してます。

> cd ~
> curl https://raw.github.com/hokaccha/nodebrew/master/nodebrew | perl - setup
> la .nodebrew
.  ..  current  default  node  node brew  src

> echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.zsh/mine.zsh
> nodebrew install latest
> nodebrew install v0.6.11
> nodebrew ls
v0.6.11
v0.7.5

current: none
> node brew use v0.6.11
use v0.6.11
> nodebrew ls
v0.6.11
v0.7.5


current: v0.6.11> which node
~/.nodebrew/current/bin/node
> which npm
~/.nodebrew/current/bin/npm
> npm install coffee-script -g
> npm install cloud9 -g
> npm install express -g
> npm install ejs -g
> npm install socket.io -g

-gを付けないとカレントディレクトリのnode_modulesにインストールされてしまったのでグローバルに使えるようにしました。
実際は-gを付けずにプロジェクト毎のほうがいいのかな。

nodebrew useを実行してべつのバージョンに切り替えるとnpmも切り替わるので、インストールしたモジュールもそれぞれのnodejsに依存することになるみたい。

cloud9をローカルで実行してみたかったのだけれど、なんかエラーでてしまい、まだ検証できてないです。

socket.ioを使ったチャットとかも動かすことが出来ました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中