Subversion Mercurial, hgとsvnを連携できるようにした

いくらMercurialを個人的に導入しても、世間はSubversionの波に逆らえず・・・

ということで連携できるようにしました。

osxなのでMacPortsでなんとかがんばる。

いきなりsudo port install py26-hgsubversionでこけたので順番にいきます。
mercurialはもうはいっている前提です。
途中でsvnが1.5から1.6になったり、Pythonが2.6になったり。注意。

すでにSubversionチェックアウト済のディレクトリは・・どうするの?
hg initして、.hg/hgrcに

[paths]
default = svn+ssh://example.com/trunk

とかいけるかな?

まあいいや。インストールと設定。

sudo port install py26-hgsubversion
#なんだかいろいろとエラーでた

sudo port -f uninstall cyrus-sasl2
sudo port install cyrus-sasl2
sudo port install subversion-python26bindings
sudo port install py26-hgsubversion

ホームディレクトリの.hgrcに

rebase = 
hgsubversion = /opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/lib/python2.6/site-packages/hgsubversion

適当なディレクトリで

hg clone svn+ssh://example.com/trunk example

あとはコマンドを気にせずできる。

コミット

touch test.txt
hg add .
hg ci
(hg outgoing)
hg push

取り込み

(hg incoming)
hg pull
hg update

ね。簡単でしょ?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中