Mercurial, mercurialで開発したい

そんなわけでサクサクっとね。

osxならMacPorts、CentOSとかならyumで入れられるっぽい。

sudo port install mercurial
sudo yum install mercurial

colordiffを使ってhg diffとかに色つけておきます。

vi ~/.hgrc
[ui]
username = runeleaf
editor = /Applications/vim-app/vim

[defaults]
cdiff = -q

[extdiff]
cmd.cdiff = colordiff
opts.cdiff = 

[extensions]
hgext.color =
hgext.extdiff =
color =

[color]
status.modified = green bold underline
status.added = magenta bold underline
status.removed = red bold blue_background
status.deleted = red underline
status.unknown = blue bold
status.ignored = black bold

diff.diffline = none
diff.extended = cyan bold
diff.file_a = red bold
diff.file_b = green
diff.hunk = yellow bold
diff.deleted = blue bold
diff.inserted = green bold
diff.changed = white
diff.trailingwhitespace = bold red_background

早速試す。

mkdir test
hg init
touch README
hg add README
hg ci -m 'add'

ブランチの一覧

hg branches
default

現在のブランチ

hg branch
default

ブランチをつくる

hg branch hoge
hg branch
hoge
touch hoge.txt
hg add hoge.txt
hg ci -m 'hoge' hoge.txt
hg branches
hoge                           7:b2f824c55a16
default                        5:81220be8f479 (非アクティブ)

ブランチ切り替え

hg update default
hg branch
default

簡単ですなー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中