iPhone, 実機転送で詰まったところをメモ

今更感のある。

基本的に、iPhone Developer ProgramのPortalにあるHow Toの通りにやれば出来るのですが、最後のビルドでこけたのでー。

XcodeのオーガナイザーからProvisioningを追加するのですが、これDeviceのところのProvisioningの+ボタンから追加するだけではダメらしく、IPHONE DEVELOPMENTのProvisioning Profileにファイルをドラッグ&ドロップすると追加できるのです。

こうしておくとコード署名IDのところで証明書を選択できて、「ビルドして実行」した時に証明書エラーが出なくなり実機で動かす事が出来るのでした。

というかAndroidアプリも調べねばー

モバイル系のアプリは作るの楽しいんだよね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中