IRC, irssiとtiarraとtig.rbとBitlbeeでもういいよね?

IRC, irssiとtiarraとtig.rbでtiwtterとか色々と

の続き。

irssiがなんだか起動しなくなっちゃったので、ついでにMSNメッセンジャーもirssiでやろう!という記録。
サーバのログもircにでるので、もうコンソールからirssiだけでひゃっほい!

osxなのでportからインストールします。

% sudo port search bitlbee
bitlbee @1.2.3 (irc, net)
    An IRC to other chat networks gateway
%
% sudo port install bitlbee
...

長い・・・

終わったら設定ファイルをコピーして編集。

% sudo cp /opt/local/etc/bitlbee/bitlbee.conf.sample /opt/local/etc/bitlbee/bitlbee.conf
% sudo vi /opt/local/etc/bitlbee/bitlbee.conf
RunMode = Daemon
DaemonInterface = 127.0.0.1
DaemonPort = 16667

勢い良く起動!

% bitlbee

tiarraに設定を追加します。

% vi tiarra.conf
name: bitlbee

bitlbee {
  host: 127.0.0.1
  port: 16667
  in-encoding: utf8
  out-encoding: utf8
}

tiarra起動。

irssi起動。

% irssi
[(status)] /connect TIA

bitlbeeのチャンネルに移動します。

パスワードは平文だけどローカルなのでとりあえず。

[&bitlbee@bitlbe] register パスワード

<@runeleaf> register パスワード
<@root> Account successfully created

アカウントを登録します。

[&bitlbee@bitlbe] account add msn ホットメール パスワード
<@runeleaf> account add msn ホットメール パスワード
<@root> Account successfully added

アカウントのリストをみるには

[&bitlbee@bitlbe] account list

<@runeleaf> account list
<@root>  0. msn, ホットメール
<@root> End of account list

設定を保存します。

[&bitlbee@bitlbe] save
<@runeleaf> save
<@root> Configuration saved

アカウントを有効にします。

[&bitlbee@bitlbe] account on 0

bitlbeeを再起動してirssiとかで繋ぎ直した場合には、

[&bitlbee@bitlbe] identify registerのパスワード

で保存した設定を呼び出せます。

メッセージおくるには、

[&bitlbee@bitlbe] dareka: こんにちわ

<@runeleaf> dareka: こんにちわ
-!- ServerMode/&bitlbee@bitlbee [+v dareka] by localhost
<+dareka> runeleaf: どうもどうも

どんな設定がされているか確認。

[&bitlbee@bitlbe] set

あとはヘルプで。

[&bitlbee@bitlbe] help

きになるのはGrowlに通知する方法。ぷらぎんつくれってこと?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中