CentOS5.1, OpenVZ設定(その2)

VPS作成

VEIDを使用しているかどうか確認

[root@test1 ~]# vzlist -a VEID

使用できるOSテンプレートの確認(yumでテンプレートを入れている場合)

[root@test1 ~]# vzpkgls
centos-4-i386-default
centos-4-i386-minimal

設定の保存先

/etc/sysconfig/vz/scripts/*VEID*.conf

領域の作成

[root@test1 ~]# vzctl create VEID --ostemplate OSNAME

bootの設定

[root@test1 ~]# vzctl set VEID --onboot yes --save

IPアドレスの設定

[root@test1 ~]# vzctl set VEID --ipadd IP --save

ホスト名の設定

[root@test1 ~]# vzctl set VEID --hostname HOSTNAME --save

ネームサーバーの設定

[root@test1 ~]# vzctl set VEID --nameserver NAMESERVER --save

ディスクスペースを10GB

[root@test1 ~]# vzctl set 101 --diskspace 10GB:10GB --save

メモリの割当

[root@test1 ~]# vzctl set vpsid --vmguarpages 65536 --save 
[root@test1 ~]# vzctl set vpsid --privvmpages 262144 --save

メモリの容量をわざわざ計算するのではなくもっと直観的に「ページ」単位でこの設定を行う別の方法がSWsoftのフォーラムに記されていた。設定したいメモリ容量(MB)に256をかけるだけで正しい値が得られるというものだ。

[root@test1 ~]# vzctl set vpsid --vmguarpages $((256 * 256)) --save 
[root@test1 ~]# vzctl set vpsid --privvmpages $((256 * 1024)) --save

メモリが足りないか?ディスクスペースは大丈夫か?などの情報が以下にある。このなかで、1つでもfaildがあるようなら、その項目をvzctl setで値を増やすといい。

[root@test1 ~]# vzctl exec VEID cat /proc/user_beancounters

VPS開始

[root@test1 ~]# vzctl start VEID

*補足*

VPSの起動時VPS設定ファイルに基づいてVPS内のネットワーク環境がOpenVZ/vzctlによって自動的に構築されます。

例えば下記ファイルが設定されます。

・/etc/sysconfig/networkへのVPSのゲートウェイアドレスやホスト名の設定
・/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-venet0とifcfg-venet0:0の設定
・/etc/resolv.confの設定
・/etc/hostsへのVPSホスト名設定
vi /etc/hosts
10.1.1.1    hostname


VEID=101
OSNAME=centos-4-i386-default or centos-4-i386-minimal
IP=10.1.2.3
HOSTNAME=hostname

VPS内のコマンド実行

[root@test1 ~]# vzctl exec VEID COMMAND

VPSのrootパスワード変更

[root@test1 ~]# vzctl exec VEID passwd
 New UNIX password: ***
 Retype new UNIX password: ***
 Changing password for user root.
 passwd: all authentication tokens updated successfully.

VPS内のプロセス確認

[root@test1 ~]# vzctl exec VEID ps ax

状態表示

[root@test1 ~]# vzctl status VEID
[root@test1 ~]# vzlist VEID

中に入る

[root@test1 ~]# vzctl enter VEID

出る

[root@vps ~]# exit

VPS停止

[root@test1 ~]# vzctl stop VEID

VPS再起動

[root@test1 ~]# vzctl restart VEID

VPS削除

[root@test1 ~]# vzctl destroy VEID

CPU使用率の制限等

[root@test1 ~]# vzctl set VEID --cpuunits 1500 --cpulimit 4 --save

VPS内のパッケージをアップデートする

[root@test1 ~]# vzyum VEID update

VPSにパッケージをインストールする

[root@test1 ~]# vzyum VEID install PACKAGE
[root@test1 ~]# vzrpm VEID -ivh PACKAGE

-VPS内にyumをインストールする手もあるが、デフォルトでないのには何か理由があると思うので、VPS内にyumはインストールしない。インストールする場合はVPS内でrpmからyumをインストールする。-

最新のcentos5用テンプレートではyumが使えるようになっていました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中