CentOS5.1, mogileFS設定

mogileFS運用とか設定とか。

状態のチェック

root# mogadm --trackers=127.0.0.1:7001 check
Checking trackers...
  127.0.0.1:7001 ... OK

Checking hosts...
No devices found on tracker(s).

root# 

mogadmの設定は、/etc/mogilefs/mogilefs.confで指定できます。

使用するstorage nodeサーバーを登録します。

root# mogadm host add localhost --port=7500
root# mogadm check
Checking trackers...
  127.0.0.1:7001 ... OK

Checking hosts...
  [ 1] localhost ... skipping; status = down
No devices found on tracker(s).

root# 

trackerがlocalhostをhost(storage node)として認識しました

deviceを登録します

root# mogadm device add localhost 1
root# mogadm device add localhost 2
root# mogadm device add localhost 3

ディレクトリをつくります

root# cd /var/mogdata
root# mkdir dev1 dev2 dev3
root# mogadm device list
localhost [1]: down
                   used(G) free(G) total(G)
  dev1: down       0.000   0.000   0.000  
  dev2: down       0.000   0.000   0.000  
  dev3: down       0.000   0.000   0.000 
  
root#

storage nodeとして使用するhostとdeviceが準備できたので、使用可能状態にします。

root# mogadm host mark localhost alive
Checking trackers...
  127.0.0.1:7001 ... OK

Checking hosts...
  [ 1] localhost ... OK

Checking devices...
  host device         size(G)    used(G)    free(G)   use%   ob state   I/O%
  ---- ------------ ---------- ---------- ---------- ------ ---------- -----
  [ 1] dev1            17.951      6.829     11.122  38.04%  writeable   0.0
  [ 1] dev2            17.951      6.829     11.122  38.04%  writeable   0.0
  [ 1] dev3            17.951      6.829     11.122  38.04%  writeable   0.0
  ---- ------------ ---------- ---------- ---------- ------
             total:    53.852     20.487     33.365  38.04%


root#

host mark で設定可能な状態は以下の4種類です。

* alive
** 書き込み、読み込み可能。
* down
** 一時的に使用不可。
* dead
** 使用不可。ファイルは別の場所にコピーされている。
* readonly
** 読み込み専用。

domainとclassを設定します

root# mogadm domain add gensokyo
root# mogadm class add gensokyo normal --mindevcount=2
root# mogadm domain list
 domain               class                mindevcount
-------------------- -------------------- -------------
 gensokyo             default                   2
 gensokyo             normal                    2


root#

class は自動コピーする数を管理しています。ファイル作成時に class を指定することで、その class のmindevcount で指定されている数の node でコピーを保存します。default クラスは指定がなかったときに内部的に使われるものです。

この class の設定をいくつか用意することで、

* どうでもいいファイルはコピーなし(mindevcount=0 or1)
* なんらかの操作で再構築可能なファイルは 2 nodes で保存(mindevcount=2)
* 再構築できない重要なファイルは 3 nodes で保存(mindevcount=3)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中