ターミナルでToDoを管理する todo.sh のメモ(その3:メッセンジャーから日本語でタスクの追加・編集・表示)

ターミナルでToDoを管理する todo.sh のメモ
ターミナルでToDoを管理する todo.sh のメモ(その2:メッセンジャーを使ってみる)

前回はメッセンジャーでtodo.shを使用出来るところまでやったのですが、日本語がダメだったので改善してみました。

ちなみに環境は、
todo.shを、OSXとLinux(Red Hat Linux9)
クライアントが、OSX(Adium,iChat)、WindowsXP(GoogleTalk)
で試してみました。

簡単に。
todo_jbot.py内にある、
msg.getBody()とmsg.getFrom()の部分を、それぞれ
unicode(msg.getFrom()).encode(‘utf-8’)
unicode(msg.getBody()).encode(‘utf-8’)
に書き換えたら日本語でもメッセンジャーでやり取りできるようになりました。

Linuxとかのeuc-jp環境でも’utf-8’を指定しておいたらできました。
これでどこからでもどのPCからでもtodoが確認出来る!

(もう、ターミナルうんぬんとか関係なくなってきちゃったよ。。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中