postgresql-7.4.3

JAVAで接続するための準備
# export JAVA_HOME=/usr/local/j2sdk
# export ANT_HOME=/usr/local/ant
# export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin:$ANT_HOME/bin
# export CLASSPATH=$CLASSPATH:$ANT_HOME/lib/ant.jar

postgres用のユーザーを作る。
# useradd postgres //通常はpostgres

コンパイルしてインストール。java使うので –with-java
# ./configuer --with-java
# make
# make check
# make install

postgresのパスを通しておく。
# export PATH=$PATH:/usr/local/pgsql/bin
# export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
# export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
# export PGDATA=$POSTGRES_HOME/data
# export MANPATH=$MANPATH:$POSTGRES_HOME/man
# export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:$PGLIB

データベースの初期化
# /usr/local/pgsql/bin/initdb --encoding=EUC_JP -D /usr/local/pgsql/data

postgresql.confを修正
vi posgresql.conf
tcpip_socket = true
syslog = 2
syslog_facility = 'LOCAL0'

サーバー起動時に立ち上がるように起動スクリプトを作っておくと便利

postgresの起動
# pg_ctl start -l logfile
postgresの停止
# pg_ctl stop

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中